篠原歯科医院

栃木県宇都宮市の篠原歯科医院です。
一生を通して口の中の健康を維持できるように患者さんとおつきあいさせて頂いています。

sonicare

 

医院外観

医院案内

篠原歯科医院
【住所】
〒321-0963
栃木県宇都宮市南大通り4-1-1
【TEL】028-634-6618
>>医院詳細はこちら

 

HOME»  インプラント・義歯

インプラント・義歯治療

インプラント

インプラントは不幸にして歯を失ってしまった場合、人工の歯根を植えて歯と同じようにすることです。
従来は両隣の歯を削ってブリッジにしたり、入れ歯にしたりしていましたがどうしても自分の歯とは違和感がありました。今まで通り御自分の歯と同じような感覚で食べられることが最大のメリットです。
但し、残っている骨やかみ合わせの状態、全身的な健康状態によっては不適切な場合もありますので、ご相談下さい。

 

インプラントとは

インプラントとは、歯の失われた部位の顎の骨の中に、人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法をいいます。インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造をもち、口の中の機能回復と審美性を追求した新しい歯科治療です。
インプラントは、顎の骨の中に埋め込む歯根部、歯の部分に相当する上部構造と、その間を連結する支台部のおよそ3つの部分から構成されています。

 

インプラントとは

 

インプラントの利点と欠点

インプラントの利点と欠点

 

<メリット>
自分の歯と同じようにかむことができ、違和感がありません。

<デメリット>
ブリッジを固定するため、両隣の歯を削る必要があります。

 

インプラントの利点と欠点

 

<メリット>
口の中の型を採る程度の比較的簡単な治療で済みます。

<デメリット>
硬い食べ物や、粘り気のある食べ物では苦労することがあり、異物感を感じる人もいます。

 

インプラントの利点と欠点

 

<メリット>
自分の歯に近い構造で、自分の歯と同じように噛むことができ、見た目もきれいです。

<デメリット>
インプラントを埋め込むための手術が必要です。保険適用ではないため費用がかかります。

 

治療の流れ

1.初診

インプラント治療についての相談と説明。

 

 

2.診査・診断

2.診査・診断

 

●病歴・健康状態の問診
●口の中の診査
●レントゲン写真・歯型の採取
●CT
●血液検査 等 

上記の診査を行い、その結果から治療方針の決定と説明を行います。

 

 

3.手術

1.歯肉を切開し、顎の骨に、専用ドリルで、インプラントを埋入する孔を形成します。

 

1.歯肉を切開し、顎の骨に、専用ドリルで、インプラントを埋入する孔を形成します。

 

2.インプラントの歯根部を骨の中に埋入して、歯肉でおおうようにして縫合します。

2.インプラントの歯根部を骨の中に埋入して、歯肉でおおうようにして縫合します。

 

3.3~8ヵ月後に2回目の手術を行ない支台部を取り付けます。

3.3~8ヵ月後に2回目の手術を行ない支台部を取り付けます。

 

4.支台部の型を採り、上部構造を作製。上部構造を支台部に取り付け、完成となります。

4.支台部の型を採り、上部構造を作製。上部構造を支台部に取り付け、完成となります。

 

義歯

エステティックデンチャーとは・・・

エステティックデンチャーとは・・・

 

「歯を治療する」から「歯を美しくする」へ。

毎日の暮らしの中で、いつまでも自然で若々しい笑顔を保ちたい。そんな想いが、アンチエイジングという言葉を生みだしました。そして最近、素肌の美しさを求めるのと同様に、歯の美しさを求める人が増えてきています。より自然に、美しく。エステティックデンチャーは、そんなあなたの想いにお応えします。

 

入れ歯に抵抗があった方も自信をもってお使いいただけます。

自然な美しさを限りなく追求。さらに安心して使い続けられる機能性と耐久性をもった新しい入れ歯。エステティックデンチャーは、より美しさを重視される方のニーズにお応えします。

 

入れ歯に抵抗があった方も自信をもってお使いいただけます。

 

◆エステティックデンチャーは次のような方に適しています。
・金属のバネが見えるのが嫌な方
・人から入れ歯だと気付かれたくない方
・入れ歯の臭いが気になる方
・今の入れ歯に違和感を感じている方

 

チタンってなあに?

チタンといわれても、耳なじみのない人も多いかと思います。しかし今やジェット機のような化学の最先端分野はもちろん、時計、メガネなど身近な製品にもチタンは用いられています。また人体にもやさしいため、人工歯根(入れ歯の根として顎骨へつなげる)や人工骨など私達の体内でも活躍しているのです。

 

なぜチタンなの?

軽く、強く、非常に錆びにくくて、人体にやさしいというチタンの性質。
この特徴の素晴らしさに多くの分野が注目しているのです。

 

18世紀の終わりごろに発見されたチタンは、ギリシャ神話の「巨人族タイタン(Titan)」にちなんで名付けられました。その名の通り、チタンは素晴らしい性質をもち、私たちの生活に大いなる可能性を与えてくれているのです。鉄の2倍の強さをもち、軽金属でありながら高い耐熱性をもち常温で変質することもありません。
また人体にもやさしく、さびることもない。これが新素材チタンなのです。

 

なぜチタンなの?

 

チタンはやさしい

人体との馴染みがよく、金属アレルギーの心配もなく、軽くて丈夫なので安心してお使いいただけます。

 

チタンは、表面に人間の骨組織に近い皮膜を作り、それがチタン本体の錆や変質を防ぐという人間の体にやさしい特徴をもっています。そのため金属アレルギーを起こす心配は、ほとんどありません。また一般的に入れ歯に用いられる金合金に比べ軽さも約1/4、強度も高く、破損、変形、たわみも少なくとても丈夫です。
※チタン床総義歯の床部分は、レジン床総義歯に比べて薄く、温度などもより敏感に感じることができます。

 

チタンはやさしい

 

チタンは快適

装着時の違和感を感じないので、食べ物は美味しく、おしゃべりも弾みます。
快適な毎日が、あなたの若さを取り戻すはずです。

 

チタンは、表面に人間の骨組織に近い皮膜を作り、それがチタン本体の錆や変質を防ぐという人間の体にやさしい特徴をもっています。そのため金属アレルギーを起こす心配は、ほとんどありません。また一般的に入れ歯に用いられる金合金に比べ軽さも約1/4、強度も高く、破損、変形、たわみも少なくとても丈夫です。
※チタン床総義歯の床部分は、レジン床総義歯に比べて薄く、温度などもより敏感に感じることができます。

 

ジルコニア

1.メタル

金属の歯は、金属アレルギーが心配。

 

1.メタル

 

2.メタル・セラミック

ご存じでしたか?
実はこれまでのセラミックの歯には、金属が入っていました。
見た目はセラミックでも、強度を保つため中は金属。
つまり金属アレルギーのリスクを抱えることになるのです。

◆従来のセラミックのデメリット
1.金属アレルギーにかかるリスク
2.歯ぐきが後退すると、金属の黒いラインが出現

 

2.メタル・セラミック

 

3.オールセラミックス

クラウン&ブリッジに起因する金属アレルギーのリスクをなくす、セルコンジルコニアセラミックス。
金属と同じレベルの強度を持っているジルコニアなら、治療する歯を丸ごとセラミックスにできるのです。

◆ジルコニアが実現するメリット
1.金属アレルギーのリスクを解消
2.天然の歯に近い白さと美しさ
3.金属と同じレベルの強さ

 

3.オールセラミックス